釣れれば御の字

千葉~神奈川の都内近郊で通年ルアーシーバスを楽しみつつ食べれる魚を釣り歩くブログ

シーバス釣り180218


毎週のことですが休日出勤


自然はそんなこと関係なく、今日は大潮後の中潮


仕事終わりに直行すれば下げのバチ抜けが狙えそう


と言うことで、前日から嫁に許可もらって仕事終わりに現場に直行


場所は前回と同じ、目の前河川


風が若干強いが致し方なし


Q江戸川河口、中潮下げ、北西中風


対岸なら追い風なんだけど、あっちは車停めれそうなとこがないんだよね


何はともあれ準備して開始


向かい風なので、少しでも重いにょろにょろ130、バチカラーでスタート


満潮の時間に入ったけど既に下げが効き出している


照してはいないけど捕食音もするのでバチも魚もいる


活性は高そうで足元でも捕食している


護岸際に着いている様なので際の上流に投げて流してくるともそっとヒット


狙い通り足元にいたヤツが食ってきた



ウンコとバチゲロまみれになっちゃったけど、40ないくらい


その後も同じポイントで続けるとまた足元で引ったくりバイト


一気に竿がのされてエイみたいな重量感が襲いかかって来たけどフックアウト


正体も分からんかったし多分なんかのスレがかりかな


一通り打って、反応無いので下流側に移動すると先行していた方が自分は帰るけど、ここいるよっとポイントを譲ってくれた


場所的に下流から引いてくるカタチになるんだけど、いると言うならと言うことで投げるとゴンっとヒット


エラ洗い無く潜るのでまたウグイかなっと思ったら一応シーバス


口と背鰭にかかったのでエラ洗い出来なかったみたい



その後も細かなバイトはあるものせられず


水面照らしてみると前回以上にバチ流れてましたが、その内捕食音もしなくなり手もかじかんできたので納竿としました


下げ始めから二時間


バチはまだいましたが前回もそのくらいで雰囲気なくなってたのでこのくらいが時合いなのかな

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。